Announcements

JAPAN-IRAN-NEWS

  • 12月 28, 2016

創業10年の株式会社JAPTECは、創業以来工業系製品に携わってまいりました。

製造に関しては、諸外国にもビジネスパイプを有しております。

わたしどもは、製品のご提供のみならず、日本企業様と海外企業様との橋渡しのお手伝いもさせて頂いて

おります。例えば、日本企業様が中国やフィリピンなどへの海外展開のために検討されている現地委託工場の生産能力や品質レベルの調査をしたり、諸外国から日本の技術面での協力を依頼された企業に対しての相互のマッチング等のお手伝いなどを致しております。

弊社は、中東にもビジネスパイプを有しておりますが、その中でも特にイランは経済制裁の解除がおこなわれたこともあり、現在ビジネス交流が盛んになってきており今がビジネスチャンスと考えおります。

中東方面へのビジネス展開をご希望の方、またイランを拠点に諸外国への輸出を検討されている方、

弊社がお手伝い致します。

国が変われば、国民性や習慣も異なり、ビジネスにおいて超えなければならないハードルはいくつもあります。

弊社では、イラン政府とのつながりも深く、そのハードルをできる限り下げるためのお手伝いをさせて頂きます。

イランでは現在、約1,500,000台以上の車が生産されていますが、近い将来これを倍の台数にするべく、政府も含め産業の拡大に取り組んでいます。

既に、プジョーなどはイランへの再進出を表明しており、自動車業界も活発になってくるようです。

よってこれに関わる製品の海外進出はチャンスとなるのではないでしょうか?

先日も、イラン大使館において日本とイランとの自動車産業のセミナーが開催されました。

参加者:

Title ofContent:

H.E.Dr.Reza NAZAR AHARI (Ambassadorof the I.R.Iran in JAPAN).

Speechabout:スピーチの内容

  • Recent Progressive Developments in Iran Bilateral Relations.
  • 現在のイランと日本の双方の関係

 

Mr.HESAMODDIN RAFIEEFirstCounsellor,Economic Section. Embassyof I.R of Iran Tokyo

Speech about:

  • Recent Agreement between Iran and Japan on Promotion and Protection of Investment.
  • 現在のイランと日本の投資の保護に関する協定
  • Post Sanction Business Expansion between Iran and the World.
  • イランと世界間のポスト制裁事業拡大

Dr.FARHAD SHARIF

Vice President for international Affairs of ICCIMA (Iran Chamber Of Commerce,

Industries, Mines & Agriculture)

商業のイラン商工会議所、産業、鉱山、農業

Mr.MEHDI POUR GHAZI

Chairman of Commission for Industries & Mines of TCCIMA(Tehran Chamber of Commerce,

Industries,Mines & Agriculture).

コマースのテヘラン会議所、産業、鉱山、農業

Mr.MOHAMMAD REZA NAJAFIMANESH

Member of Board of Representative of Iranian Auto Parts Manufactures Association (IAPMA)

イランの自動車部品の代表の委員会のメンバーは、工業会

Speech about:スピーチの内容

1- What are the key & Profitable Sectors for Investment in Iran?

 

イランへの投資のためのキー&有益なセクターは何ですか

2- Flowchart, EstimatedTime & Related Organization to Start Business & investment in Iran.

 

フローチャート、推定時間&関連機関は、イランでのビジネス&投資を起動します

3- How to Mitigate Risks and still make benefitfrom the business & investment Opportunities in Iran.

 

リスクを軽減し、まだイランのビジネス&投資機会から利益を作る方法

4- Review of the most importantComponents of Iranian Law in Relation to Foreign Trade and Investment.

 

外国貿易と投資の関係にあるイランの法律の最も重要なコンポーネントのレビュー

5- Free Trading Zone (FTZ) in Iran and their Exemption and Regulations.

 

無料トレーディングイラン区( FTZ )とその免除と規則

6- Current Status of Iranian Banking Insurance, Stock Exchange Market and Asset Management Sectors.

 

イランの銀行保険、証券取引所市場と資産管理部門の6-現状

7- Case Studies of Foreign investment in IRAN.

 

イランの外国投資のケーススタディ。

多くの日本企業も参加し、活発な質疑応答が交わされました。

Embassyof the Islamicrepublic of IranTokyo

イラン東京のイスラム共和国大使館

Second SeminaronPotentials andFutureof IRAN’s AutomobileIndustries:イランの自動車産業のポテンシャルと今後の上の第二セミナー:

Auto Parts=自動車部品

That is dueto be held on May 24, 2016 TheEmbassy of Iran Islamic Republic of Iran in Tokyo is

Pleased to announce the agenda of the seminar as follows:

それは東京のイランのイラン・イスラム共和国の大使館がある2016 年5 月24 日に開催されました。

次のようにセミナーの議題を発表いたしました:

 

Title of Seminar

セミナーのタイトル

f JCPOA;

JCPOAの実装後のイランポスト経済制裁について

–Japan commercial ties;

イラン・ジャパン通商関係における最近の進歩的な発展

;

他の国とイランの関係の最近の開発

イランの外国投資の保護と推進

-sanction investment and business opportunitiesin Iran;

イランポスト制裁への投資とビジネスチャンス

-parts industries;

イランの自動車部品産業への導入

-part sectorand sub sector;

イラン自動部品セクターとサブセクターへの投資やビジネスのポテンシャル。

イランの自動車政策、統計情報、および投資機会。

-parts manufacturers for joiningthe global supply chain

グローバルなサプライチェーンを接合するイランの自動車部品メーカーの可能性。

-parts manufactures involved in the auto-parts global supply chain;

グローバルなサプライチェーンを接合するイランの自動車部品メーカーの利点

-parts business in Iran;

イランで自動車部品事業を始めにあたって

  • -Terms & conditions, relatedlows andregulations;

利用規約、関連の安値と規制;

  • -Rules and procedures;

ルールと手順;

  • -Stake holders and key sectors;

利害関係者と主要部門。

  • -Entering into the auto-parts business in Iran;

イランで自動車部品事業を始めにあたって

Public Information Portal

公開情報

Iran businessInvestment opportunitiesfor Japanese companies

日本企業のためのイランビジネス投資機会

Free Access & public Portal forCommerce,investment and auto industry

無料アクセスと商業、投資と自動車産業のための有名なポータル

http://www.japaniran-commerce.com

In association with:

以下に関連して:

■TehranChamber of Commerce, industries, Mines & agriculture( TCCIMA)

テヘラン商工会議所、産業、鉱山と農業(TCCIMA)

■Iranian Auto PartsManufacturers Association ( IAPMA)

イランの自動車部品製造業者協会

■Academic Society of Iranians in Japan ( ASIJ)

在日イラン人の学会

Out Line of Seminar

セミナーについて

  • Iran at a glance =一目でイラン
  • Opportunities=機会
  • Recommendations=提言
  • Conclusion=結論

Iran Strategic Location with a Sizable Population:

イランで人口多い戦略的な場所

Since the 2ndCentury BC, Iran has been at the heart of the Silk Road, facilitating trade and acting as hub for the exchange of ideas and knowledge between the east and the west. The Economics the Governed trade for 2 millennia are still applicable today; At the cross roads of the East and West and straddling the Persian Gulf and Caspian Sea, Iran can be as Natural hub for the production of goods andservices to several a vast regional Market.

Neighborhoods15countries.Population of the neighbor’s600Million.8% of the World population 12% of world Economy

紀元前2世紀以来、イランは、貿易を促進し、東と西の間の意見交換や知識のためのハブとして機能し、シルクロードの中心になっています。 2千年後の現在でもその地域の経済の中心なることができます。東と西とペルシャ湾とカスピ海をまたぐ横断道路では、イランはいくつかの広大な地域市場への財・サービスの生産のためのハブとしてすることができます。

隣人15カ国。世界経済の世界人口12%の隣人の600Million.8 %の人口。

IRAN at a Glance: 一目でイラン

 

Ø Area: 1,65 Million Sq.Km

Ø エリア: 1.65ミリオンSq.Km

Ø Population: ~80M (2016) first in the Middle East 18th in the world.

Ø 人口: 〜世界初の中東18日で80百万( 2016 )。

Ø Population Growth : 1.2%

Ø 人口増加: 1.2%

Ø Urban Population: 71.5%

Ø 都市人口: 71.5%

Ø Rural Population: 28.5%

Ø 農村人口: 28.5%

Ø Population Density: 47 People per Sq. Km

Ø 人口密度:平方あたり47人/Sq.Km

Ø Active Population: ~ 24M

Ø アクティブ人口: 〜 24M

Ø Unemployment: ~13%

Ø 失業:〜 13%

Ø Life Expectancy: ~75 Years

Ø 平均余命:〜 75歳

Ø Literacy Ratio:

Ø 識字率:

l 6 years & over: 87%

l 6歳&オーバー:87%

l 6-29 Years: 97%

l 6~29歳:97%

 

Ø We have 5Milion University graduated.

Ø 我々は5百万大学が卒業しています

Ø 28th World Economic Forum (Foreign Market Size index)

Ø 第28回世界経済フォーラム(外国市場規模指数)

Ø 32% 23.7Million youth Population

Ø 32% 23.7百万の若者の人口

 

IRAN’s ECONOMY

イランの経済

Ø GDP 2014: 402 $BLN (ATLAS) Ranked 30, $ 1284 BLN (PPP) Ranked 19.

Ø GDP 2014:402 $ BLN( ATLAS)は30位,$1284 BLN(PPP)は19位.

Ø PER Capita Income 2014: $5200 BLN (Atlas) Ranked 100, $ 16500(PPP) Ranked 96.

Ø 一人当たりの収入2014 : $5200BLN(アトラス)は100位,$ 1万6500(PPP)は96位。

Ø GDP AVG. ANNUAL GROWTH RATE 2000-2013: 4%

Ø GDP AVG 。年間成長率は2000年から2013年: 4%です。

Ø SECTORS’ CONTRIBUTION INGDP, AT CURRENT PRICE,2014:

Ø 現在の価格、 2014 AT GDP内のセクター「貢献」:

Ø AGRICULTURE: %9.1

Ø 農業:9.1%

Ø OIL & MINE INDUSTRY: %40.6

Ø OIL & MINE産業:40.6%

Ø SERVICES: %50.3

Ø サービス:50.3%

Ø GROSS FIXED CAPITAL FORMATION IN 2010-2014: 26%OF GDP

Ø 総固定資本形成2010-2014年度:26%のGDPにより

Ø AVG.INFLATION RATE 2000-2014: AROUND 18%

Ø 平均.インフレ率2000-2014: 平均18%

 

Trade & Finance :

トレード&ファイナンス

Ø NON-OIL EXPORT 2014: $ 50 BLN

Ø 非石油輸出2014:$50BLN

Ø IMPORTS 2014:$52 BLN

Ø 輸入2014:$52BLN

Ø PRESENT VALUE OF DEBT  END OF 2014 : $ 5.5 BLN

Ø 債務の現在価値2014:$5.5BLN

Ø FOREIGN RESERVE END OF 2014 : MORE THAN $100BLN

Ø 外貨準備2014-$100BLNより多い

Ø MAJOR TRADING PARTNERS , 2014 : CHINA , U.A.E ,S.KOREA , TURKEY ,INDIA

Ø 主要貿易相手国-2014 :中国,U.A.E,韓国,トルコ,インド

 

IRAN’S  ECONOMIC  DEVELOPMENT POLICIES

イランの経済開発政策

Ø ECONOMIC LIBERALIZATION           FREE MARKET ECONOMY

 

経済の自由化 自由市場経済

 

Ø PRIVATIZATION

Ø 民営化

Ø DEREGULARIZATION TO REDUCE RED TAPE(Theprocess of removing government controls or rules from a businessor other country to reduce Red tape around Iran).

Ø 官僚主義(イランのまわりで官僚主義を減らすためにビジネスまたは他の国から政府規制または規則を取り去るプロセス)を減らす非組織化。

Ø NON-OIL EXPORT PROMOTION  INSTEAD  OF  IMPORTSUBSTITUTION

Ø 輸入代替品のかわりに非石油製品の輸出促進

Ø ABSOLUTE EXPORT TAX HOLIDAY

Ø 輸出免税期間

Ø NON OIL EXPORT TRADE BALANCE

Ø 非石油輸出貿易収支

Ø ATTARACTIVE FOREIGN INVESTMENT LAW

Ø 魅力的外国投資法

Ø LEVERAGE LOCAL MARKET TO EXPAND EXPORT

Ø 輸出を拡大する地元市場

 

OVERVIEW OF IRAN AUTOMOTIVE INDUSTRY

イラン自動車産業の概要

IRAN’S AUTOMOTIVE INDUSTRY

イランの自動車産業

Ø ONE OF THEFASTEST GROWING INDUSTRY IN IRAN

Ø イランで最も成長の早い産業の1つ

Ø INDUSTRIAL VALUE ADDED SHARE  %17

 

全産業のシェアは、17%

Ø INDUSTRIAL EMPLOYMENT SHARE%13

 

全産業の雇用シェアは、13%

Ø AVERAGE ANNUAL GROWTH RATE DURING  LAST 14YEARS ABOUT %12

 

14年の間で年平均成長 約12%

Ø GROWTH  MORE THAN 1.5 TIMES INDUSTRY AND MORETHAN 3 TIMES ECONOMY, DURING 2000 -2014

Ø 2000年から2014年には1.5倍の産業拡大と3倍以上の経済成長

 

AUTOMOTIVE  INDUSTRY IN IRAN

イランの自動車産業

Ø MORE THAN 30 AUTOMAKERS ( PUBLIC & PRIVATE )

Ø 30社以上の自動車メーカー(パブリック&適切な)

Ø MORE THAN 1000 AUTOPART MANUFACTURER

Ø 1000社以上の自動車部品メーカー

Ø 750000 DIRECT & INDIRECT EMPLOYMENT

Ø 750000人の雇用

Ø AVG. ANNUAL GROWTH RATE OF VEHICLE PRODUCTION2000-2014=12 %

Ø 自動車生産2000年から2014年= 12%の年間成長率

Ø PRODUCTION LESSTHAN 25000 UNITS1989 & MORE THAN1.64M.UNITS IN2011 , 66 TIMES  INCREASE.

Ø 1989年生産台数:25000台で2011年生産台数:1,640,000台で2025年度には66倍生産増加予定

Ø 2014 PRODUCTION 1.15 M. UNITS

Ø 2014年生産台数:1,150,000台

 

VEHICLE PRODUCTION IN IRAN ( 2007 –2015)

イラン車生産( 2007年-2015 )

Iran Production Rank in Global Automotive Industry

世界の自動車産業におけるイラン製車両のランキング

VOLUME SHARE OF DOMSTIC PRODUCTION (Mar. 2015)

国内の生産量シェア(2015年3月)

DOMESTIC FOOT PRINT OF IRAN’S AUTO INDUSTRYPLANTS

イランの自動車産業植物の国内フットプリント

Ø Azerbaijan, Tabriz, Khazar

Ø アゼルバイジャン、タブリーズ、カザール

Ø Shomal , Saveh ,Bonro,

Ø テヘランの北、サベ、ボンロ

Ø Kermanshah,Khomyin ,Brojerd

Ø ケルマーンシャー、コメーイン、ボルジェード

Ø Tehran,Kashan,Semnan

Ø テヘラン、カーシャーン、セムナン

Ø Khorasan,Fars,Kerman

Ø ホラーサーン、ファールス、ケルマーン

 

GLOBAL FOOTPRINT OF IRAN’S AUTO INDUSTRYPLANTS

イランの自動車産業植物のグローバルフットプリント

VEHICLE  OWNERSHIP  BY  COUNTRY 2013

国別車両所有権2013

IRAN PASSENGER CAR TRADE BALANCE2005-2014

イラン乗用車貿易収支2005年から2014年

AUTO INDUSTRY TRADE  BALANCE 2013-14

自動車産業の貿易収支2013から14

MIL $; EX: Export; IM: Import

MIL $ ; EX :輸出; IM :インポート

IRAN’S AUTOMOTIVE VISION 2025

2025年のイラン自動車産業のヴィジョン

Ø Automotive value –added share in GNP : Min. 4 %

Ø 自動車値GNPに追加シェア:最小 4%

Ø Automotive value –added share in Industry: Min. 19 %

Ø 自動車値業界で追加シェア:最小 19%

Ø Production of 3 million light Vehicles

Ø 年間300万台の小型車両生産を目指す。

l 2 million domestic markets &1 million export.

l 200万台国内市場100万台輸出

l 50 %  local brand

l ローカルブランド50%

Ø Production of 120000 commercial vehicles

Ø 商用車の生産 120000商用車

l 90000local markets

l 地元の市場90000台

l 30000 Exports

l 輸出30000台

Ø Local Supply Parts & Components:  Min. $25  billion

Ø ローカルサプライパーツ&コンポーネント:最小25億ドル

Ø Parts & Components Export:  Min.  $ 6  billion

Ø パーツ&コンポーネントのエクスポート:最小6億ドル

 

OEMs and suppliers plans to re-entering Iran in 2016

2016年にイランでOEMとサプライヤーは再生産が始まる計画。

Selection of recently announced investmentsand plans by automotive companies

自動車会社による最近発表された投資や計画の選択

 

Ø Audi:TheGerman car maker said its representatives had travelled to Iran for talks with possible imports, seeinggrowing potential for luxury car sales.

Ø AUDI:ドイツの自動車メーカーは、その代表者が高級車販売の成長の可能性を見て、可能な輸入品との会談のためにイランを訪問したと述べました。

Ø Peugeot-Citroen:Announcement of a 50/50 JV with IranKhodoro, plannedinvestment EUR 0.4BN (For Production and R&D in the next 5 years.

Ø Peugeot-Citroen:イランコドーロとジョイントベンチャーとして、50%,50%の発表、計画投資次の5年間での生産と、そして開発にかかる費用のために4億ユーロ投資する。

Ø Daimler: (Truck division) Signedletters of intent with JV partners in Iran.

Ø (トラック部門)はイランの合弁パートナーとの意図の手紙に署名しました

Ø Auto Neum:Talks with French carmakers Renault and PSA aboutbusiness cooperation in Iran.

Ø イランでの事業協力に関するフランスの自動車メーカー、ルノーとの会談とPSA

Ø Posco: Plans to sign an agreement with Iranian steelmaker PKP in March 2016 to buy a stake ina USD 1.6 BNsteel mill Project.

Ø

Ø National Aluminum: Exploressetting up a smelter complex that could cost about USD 2.0 BN.

Ø 約USD 2.0 BNを要することができる製錬所コンプレックスを設定探ります

  • $37 Billion Total Value of deals in sectors such as aviation and car manufacturing announced between Iran and Major international companies since the lifting of sanctions in January. Witha population of 80 Million,Iran is the biggesteconomy to rejoin the global trading system since the breakupof the U.S.S.R. Jan 30 (Reuters).
  • そのような月に制裁解除以来、イランと主要な国際的な企業との間で発表した航空・自動車製造業などの分野における取引の● $ 370億の合計値。80万人の人口で、イランはU.S.S.R. 1月30日(ロイター)の崩壊以来、世界貿易システムを再結合するための最大の経済です。

 

Renault Line-Up in Iran

イランでのルノーラインアップ

 

Ø TONDAR: Launched Since 2007

Ø TONDAR:2007年発売

Ø TONDAR PICK-UP: Launched Since 2015

Ø TONDARPICK-UP:2015年発売

Ø SANDERO: Launched Since 2015

Ø SANDERO:2015年発売

Ø TONDAR FACELIFT: Launched Since 2016

Ø TONDAR FACELIFT:2016年発売

Ø SANDERO STEPWAY: Launched Since 2016

Ø SANDERO STEPWAY: 2016年発売

Ø CBU Products,

Ø CBU製品

Ø Distributed in state of the art Renault Networ

Ø アートルノーネットワークの状態で分散

 

IranAuto Part Industry Advantages andOpportunities for Investment

投資のためのイラン自動車部品産業の利点と機会

ü IranasCenter forProduction and Export of the Region.

ü イラン・センターなどの生産と地域の輸出のため。

ü Growing Young population (50%Less than 30 Years Old).

ü 成長若い人口(50%未満30歳)

ü 3 Millions Old Car that should be replaced.

ü 3百万オールドカー交換する必要があります

ü Comparable Labor Wages & lower Taxes than Most LCC.

ü 同等の労働賃金&ほとんどのより低い税LCC.

ü Cheap raw materials & cheaper Energy.

ü 安い原材料&安価なエネルギー

ü High Talent Availability.

ü ハイタレント可用性。

 

IRAN Foreign Investment Promotion and ProtectionAct (FIPPA)

TAX EXEMPTION

² 4 Years for 80% income of industrial / miningunits located in developed regions.

² 10 Years for 100% income of industrial / mining units located in less developed regions.

² 10 Years for 100% income incurring from exports of industrial, agricultural& processing commodities.

² 10 Years for 50% income earned from exports of non-oil commodities.

² 10 Years for 100%income earned from exports of transit commodities.

² 10 Years for 50% tax exemption for re-investment of co-operative and private sectors in developing & modernizing of industrial / mining units.

 

IRAN Automobile Component Market for Future

u Local Supply parts & components: Min. $ 25 billion.

u Export parts & components:Min. $ 6 billion.

 

Top PriorityComponents forJoint Investment

 

1- Automatic / Manual Gear Box

2- Drive Shaft

3- Steering Mechanism

4- Catalyst

5- Sensor

6- Passenger SafetyParts

7- EMS kit (ECU+ Injectors + Sensors + …..)

8- ABS

9- Air Bag

 

Expectations from Japanese Partner

Ø Collaboration in High-Tech Parts

Ø Co-Design & System Design

Ø Competitive Production

Ø J.V & Deep Localization

Ø Quality Improvement

Ø Cooperation In International Production &Distribution Network

Ø Export

 

Transit Routes

If you establishyour Factory or company in Iran, itseasy and cheap also quick delivery your goods to other country,

Anaverageage, Maleand female in Iran as bellow grah

About Education of Iran

UNESCO Institute for Statistics; Government Statisticsfor India and China information:

Ø 98%Literacy Rate between ages 15-24 (HDI 2016)

Ø 14thPrimary Education Enrollment (WEF 2016)

Ø 49thTertiary Education Enrollment (WEF 2016)

Ø 82ndSecondary Education Enrollment (WEF 2016)

Ø 36thQuality of Math and Science Education (WEF 2016)

Ø 5Million Number of University Students

Ø 2,500Number of Higher Education Institutions

Ø 76thAvailability of Specialized Training Services (WEF 2016)

Ø 36%of Iran’s graduating cohort in 2013 received an Engineering-related degree

Ø 1124533Female and 804119Male study on Social Science

Ø 204245Female and 90983Male study on basic Science

Ø 373415Female and 1131621Male study on Engineering

Ø 137311Female and 114693Male study on Agriculture & Veterinary science

Ø 148142Female and 87488Male study on Art

Ø 148376Female and 70954Male study on Medicine

 

Universities, Science & Technology Parks

n 143Number of Technology Incubators

n 3,000Number of Knowledge-Based Companies

n 56thQuality of Scientific Research Institutions

 

Doing World Class Research

Ø Scientific Achievements(2013) Iran percentage increased from 2010

Ø Iran’s Rank in Scientific Publication (2014)

 

Developing Infrastructures in Iran

Reasonable IT

1- Number of Airports 99.

2- Number of Major Ports 13.

3- Mobile phone Penetration rate 94%.

4- ICT Price Basket (IDI 2014) 7th.

5- Railway 10,407Km, Qualityof railroads (WEF2016) 45th.

6- Roads 198,866Km, Freeway1,957Km, Highway10,669 Km Quality of Roads (WEF 2016)63rd.

7- Middle East Internet Users 47Millions.

8- Bank Branches 68501.

 

Renewable Energy Potential

Renewable Energy:Solar Energy

Ø Iran has 300 sunny days in a year in more than two-thirds of the country

Ø Iran has an averageirradiation of 4.5 to 5.5 KW/h per Square meter per day

Ø Iran has more than 2800 hours of sunshine per year on an average a number

 

Which reaches 3200 hours in desert cities such as Yazd

Robust & Diversified Economy in Iran

TheEconomy of Iran is the World’s Eighteenth largest by (PPP).The country is a member of next Eleven because of its high development potentials. Itis a Mixed and transitional economy. Over40 industries are directly involved in the Tehran Stock Exchange.

GPD (2014) 3.0% Growth rate.

Iran Trade at a Glance

International Trade (Excluding Oil)-M$ 2014 Year

Iran Export in 2014 year Total was about 36,555M$ and Total Import about 53,569 M$.

Main Import:Food,Consumer Goods, IndustrialSupplies, TechnicalServices, CapitalGoods.

Main Export: IronOre, Cement, Carpet, Fruit &Nuts, Petrochemical product.

Abundant Energy Resources

1- World’s largest gas reserves over 1200 trillion cubic feet.(Proved Reserves of Natural Gas 2015(Trillion Cubic Feet).

2- World’s 4thlargest Oil reserves 158 billion barrels. CrudeOil Proved Reserves 2015(Billion Barrels).

 

Reliable & Cost Efficient Nationwide Energy Networks

Iran Exports electric power to Pakistan, Turkey, Iraq, Afghanistanand Azerbaijan.

Iran Also Exchanges power with Armenia and Turkmenistan.

1- Transmission Network 121,000Km

2- Distribution Network 730,000Km

3- Low Cost of Electricity

4- Natural Gas Transportation Pipeline 36,000Km

5- Natural Gas Distribution Pipeline 273,000Km

6- Cities Supplied with Piped Gas 96%

7- VillagesSupplied with Piped Gas61%

 

You can comparethe Cost of Electricity in a number of the Countries.

Mega Trends:

  • Towards shaping globally competitive businesses.
  • Increasing energy efficiency.
  • Increasing export, trade and transit with neighbors.
  • Increased awarenessto the environment, airwater and soil.
  • Attention to innovation and Knowledge based economy.
  • Industry development based on regional industrial and consumer needs& markets.
  • Developing and deploying new financial tools.
  • Increased awarenessof importance of institutionaldevelopment.

 

Iran’s new Face/Phase in Economy

  • Vital Role of private sector in economicdevelopment of the country.
  • New Private Sector with social responsibility,prosustainable development.
  • Leading role in regional development for mutual prosperity mind set.

 

Recommendations:

  • Invest in Talents (VC, startups…)
  • Invest in Projects

Ø Well defined big projects (PPP…)

Ø Incomplete projects

  • Invest in companies(Technology, Management,…)to export
  • Invest in the stock market
  • Invest in Partnerships to:

Ø Market your products or services

Ø After sales support

Ø Produce your products

Ø Design your products

 

Explore new spaces for your business!

Opportunities to Explore-Energy

Ø Saving Energy in Production Process

Ø Saving Energy by Producing low Consuming Products

 

 

Ø Renewable Energy packages(Technology & Finance)

Ø High Efficiency EnergyProduction

 

Opportunities to Explore-Water

Ø Modern Irrigation & Agriculture

Ø Waste Water Recycling

Ø Efficient Water Desalination

Ø Effective Water Sanitation

 

Opportunities to Explore-Waste Management

Ø Urban Waste Management

Ø Industrial Waste Management

Ø Agricultural Waste Processing

Ø Electronic Waste Recycling

Ø Developing Zero Waste Industrial Clusters

 

Opportunities to Explore-Transportation & Logistic

Ø Low Emission Transportation

Ø Efficient Logistic

Ø Intelligent Transportation Systems

Ø Macro Management

 

Opportunities to Explore-ICT

Ø FinTech

Ø DeliveringNewInternet/Mobile Based Services& Applications

Ø Data Mining & Big Data Services

Ø B2B e-Commerce

 

Proposed Process for Cooperation

Professional Panel of Iran Auto Part & Automobile Industries

1.An introduction to the Iran Auto-Parts Industries

2.Iran automotive policies, statistics, and investment opportunities;

3.Expected Benefits of Iran Auto-Parts Compare to China, Vietnam Thailand…for

Investing Japanese OEMs and Tier1 Companies

4.Benefits of LowPrice Manufacturing/Production of Auto-Parts in Iran (Energy, Transportation, Skilled Worker Cost)

5.Technology Level, Engineering Capabilities, Quality & Standards, Manufacturing Equipment Status of Iran Auto-Part Manufacturer

6.Case Studies of Foreign Investment in Auto-Part and Automobile Industries in Iran.

7.Flowchart to Enter the Auto-Parts Business in Iran

8.Terms & Conditions, Related Laws and Regulations, Promotion and Exemptions

イラン企業のトップの方々、イラン自動車協会の方々も、同時期に開催されていた自動車関連の展示会に出向き、いろいろなブースで積極的に問い合わせなどをされており、産業拡大に対する積極的な意欲が感じられました。

またこれに伴い、投資に関しても意欲的な姿勢を示しています。海外からの投資に対して保障がされ、

もしやむを得ず撤退となった場合、その投資をイランより引き上げることができるようです。

また日本とイランとのジョイントベンチャーにおいて、日本サイドからの投資が十分でなくとも、イランサイドより金銭的な支援があり、生産拠点をイランにつくることにより数年間の無税対応もされるようです。

またこの波に乗って、イランの投資家も手を挙げています。

これら状況の中で、可能性はいろいろと考えられます。

イランとだけのビジネス展開に限らず、イランを製造拠点とし、その近隣諸国へのマーケットを含んだビジネス展開も可能です。

日本を拠点とした場合、海外とビジネスをする際に不可欠なのは海を渡っての輸送です。

しかし、イランを拠点にした海外展開では陸続きの為、陸送となり輸送方法や輸送コストも変わってきます。

メリットを活かせば可能性は広がります。

また、イランには数多くの優秀な人材がいます。

これからを担う若い学生ももちろんです。ご存知のように、アメリカなど様々な国でイランの優秀な方々が

活躍されています。これと同様に、まだイラン国内にも優秀な人材が埋もれているのです。

経済制裁の中では、他国には見えない様々な情報があります。技術や、人材面もそのひとつです。この優秀な知識や技術と日本の製造技術、品質基準を融合させれば、更なる展開も期待されることでしょう。

弊社ではイランにおける様々なネットワークを有しております。

政府、自動車産業、大学(シャリフ大学、テヘラン大学、アーザー大学)等、イランをビジネス展開の場としてご検討の皆様に、あらゆる方面でのお手伝いをさせて頂きます。

少しでもイラン進出へのお考えがありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

Now Japanese government also movesfor corporatewith Iraniangovernment.

日本とイランが領事業務の協力関係を拡大

双方は、同協議において、領事業務の協力推進、人的交流のさらなる促進、商業関係者、投資家、旅行者、留学生、大学関係者をはじめとする、相手国国民に対する便宜供与の拡充において合意しました。

イラン側の団長を務めたアリー・チェゲニー外務省領事局長は、能化正樹日本国外務省領事局長との協議のなかで、制裁解除後の、諸外国、なかんずく日本との関係の拡大を目的とした、商業関係者や旅行者への便宜供与について、詳細な説明を行いました。

第9回イラン・日本領事当局間協議には、レザー・ナザルアハリ駐日イラン大使も出席し、受刑者移送条約、在外自国民の保護、二国間の警察協力、大学間交流の促進、査証取得の際の便宜供与、観光交流の推進等について、意見交換が行われました。

サーレヒ副大統領が安倍首相を表敬

11月5日、アリー・アクバル・サーレヒ・イラン副大統領兼原子力庁長官は、安倍晋三内閣総理大臣を表敬訪問しました。

冒頭、安倍総理大臣から、サーレヒ副大統領の訪日を喜ばしく思う、核合意の成立を歓迎する旨の発言があった後、核合意の着実な履行につき期待が示されました。サーレヒ副大統領は、核協議が行われていた期間、日本政府が同協議の進展を支援し続けてきたことへの感謝の意を表するとともに、工程表に基づく国際原子力機関(IAEA)との協力と、核合意の履行について言及し、次のように述べました:「IAEAは、12月15日までにイランの原子力平和利用計画についての最終報告書をまとめる予定である。12月下旬頃に、包括的共同作業計画(JCPOA)の『履行の日』を迎える、と考えている。」

サーレヒ副大統領は、今後発展が期待される二国間関係の分野に言及しつつ、10月12日に両国外務大臣により発出された、「イラン・日本協力に関する共同ステートメント」に着目し、JCPOAに言及されている「原子力安全センター(Nuclear Safety Centre)」の設立のための、日本政府からの支援の意向を歓迎する旨を述べました。

安倍総理大臣は、過激派組織ISILの台頭をはじめとする、不安定な中東情勢に言及し、中東地域の平和と安定を脅かす脅威に立ち向かうために、日本とイランとが協力関係を強化する必要性を強調しました。

サーレヒ副大統領は、安倍総理大臣に対し、ローハニ大統領からのテヘラン訪問の招請のメッセージを改めて伝え、二国間の経済関係・貿易が、両国共同でのイラン国内・周辺諸国でのマーケティングや生産活動に主眼を置き、発展へと向かうよう、必要な環境の整備を求めました。安倍総理大臣から、ローハニ大統領にも訪日頂きたい旨の発言があり、特にJCPOA「履行の日」以降の、両国の経済関係の強化につき期待が示されました。

イランと日本との間で初の学術協定が締結イランと日本との間の、科学技術の協力、教員や学生の交流、共同研究の実施、大学間の協力の推進等を含む、二国間初となる学術協力に関する覚書(MOC)が締結されました。

イランと日本との間で初の学術協定が締結

イランと日本との間の、科学技術の協力、教員や学生の交流、共同研究の実施、大学間の協力の推進等を含む、二国間初となる学術協力に関する覚書(MOC)が締結されました。

イラン・イスラム共和国・モハンマド・ファルハーディ科学技術大臣は、日本国下村博文文部科学大臣と会談、科学技術の協力について意見交換を行い、二国間の科学技術の協力、教員や学生の交流、共同研究の実施、大学間の協力の推進等から成る、二国間初となる学術協力に関する覚書(MOC)を交わしました。下村文部科学大臣は、イランが中東地域において中心的役割を担っていると強調、同協定の実施が、学術・研究協力の推進にとって重要な一歩となる、と語りました。

ファルハーディ科学技術大臣は、「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム(STSフォーラム)第12回年次総会」に出席するために来日、同総会では、「人口と資源」に関するセッションと、諸外国の教育・科学大臣会合において、スピーチを行いました。また、会議の傍ら、ドイツ、ブルガリア、スエーデン、フランス等の教育・科学担当大臣と個別に面談を持ちました。

イラン・イスラム共和国軍創設記念日の祝賀会

4月15日金曜日、イラン・イスラム共和国軍創設記念日の祝賀会が、日本国国会議員、外務省・防衛省の幹部、各国駐日大使、国防武官等の出席のもと、駐日イラン大使公邸にて開催されました。

同式典では、ファッロク・モワッガルハサニ・駐日イラン・イスラム共和国国防武官が挨拶を行い、イラン暦1月29日がイラン軍の日と制定された由来に言及したあと、最新の軍需品や装備の開発・製造・改修、隊員の育成などの分野におけるイラン軍の発展について述べ、軍として様々な演習を行う用意があることを表明、「イラン・イスラム共和国軍は、イラン国の自衛のため、完全なる用意がある」と語りました。

岩崎茂・防衛大臣政策参与(前統合幕僚長)は、挨拶のなかで、深く長い歴史を有する両国の関係に触れ、1953年の日章丸事件が、両国の友好関係の象徴であると語り、二国間関係が、様々な領域において、今後ますます発展することを祈願しました。

式典では、参加者は、熊本地震で犠牲になられた方々への哀悼の意を捧げました。

FOODEX JAPAN 2016(第41回 国際食品・飲料展)が開幕

3月8日(火)、FOODEX JAPAN 2016 (第41回 国際食品・飲料展)のオープニングセレモニーが、日本の関係者や各国駐日大使の列席のもと、幕張メッセにて開催され、ナザルアハリ駐日イラン大使が出席しました。

駐日イラン大使は、イランのブースのほか、いくつかのブースを視察し、イランの乾燥果物をはじめとするイラン産食品の、日本への輸出プロセスについて、イランの企業関係者と意見交換を行いました。

フーデックスは、アジアで最大の食品・飲料に関する見本市であり、今年は、3月11日(金)まで、幕張メッセにて開催されています。

「日本イラン医療ビジネスセミナー」でのイラン保健大臣の挨拶

2月24日、日本貿易振興機構(JETRO)の主催で、JETRO本部にて、「日本−イラン医療ビジネスセミナー」が開催され、セイエド・ハサン・ガーズィザーデ・ハーシェミ イラン保健・医療・医科教育大臣が来賓挨拶を行いました。

100社以上の日本企業が参加した同セミナーで、イラン保健大臣は、ローハニ政権下での優先的政策として、国民の健康増進が挙げられるとし、次のように語りました:「大統領は、選挙で掲げていた公約通り、国民皆保険を実現させた。また、イランでは毎年、40億ドル分の医薬品を必要としており、その大部分は国内で生産されているが、一部は海外からの輸入に頼っている。さらには、イラン政府は、570棟の病院のために、8億ドル分の医療機器を導入する計画があるが、輸入にあたっては、技術移転の用意があるかが大きな基準となる。」

ハーシェミ大臣は、この数年、イラン市場における日本企業のシェアが縮小していることに言及し、述べました:「原因としては、日本の企業がイランとの取引に慎重になり過ぎていることが考えられるが、イランの市場においては、欧米の企業が、日本の企業に入れ代わり、その地位を得ているのが実情である。」

イラン保健大臣は、日本との貿易の今後の展望について語りました:「2013年11月に成立したジュネーブ合意を受け、日本の外務省や経済産業省の協力により、日本国内で凍結されていたイランの資産の一部が、人道物資購入を限定とし、解除された。新設された金融スキームにより、日本の3大メガバンクが、銀行決済サービスを提供している。ただし、日本国内のイランの資産を活用した企業のほとんどが、日本以外の国の企業であり、日本の企業は、イランでのビジネスチャンスをもっと生かすことができるはずである。」

同セミナーでは、ディーナールヴァンド・イラン保健省次官兼食糧薬品機構総裁と、ガーネイ・保健大臣顧問兼パスツール機構代表代行が講演を行い、イランにおける医療機器や医薬品市場の現状、外国企業が市場に参入するための規則等について説明しました。同セミナーでは、ジェトロの石毛博行理事長が開会挨拶を行い、両国の貿易促進へ向けて、日本企業のイラン市場の進出を期待する旨が述べられました。

ハーシェミ大臣は、日曜日に来日し、滞日中、塩崎厚生労働大臣との会談、「医療・保健分野での協力に関する覚書の署名」を行いました。ハーシェミ大臣の訪日には、保健省の幹部のほか、民間セクターから医療機器メーカーの代表等も同行しました。

Iran and Japan Joint Forum on Recent Railway technologies and Environmental Solutions

Iran and Japan Joint Forum on Recent Railway technologies and Environmental Solutions

May 17(Tuesday), 2016 09:00 – 17:00

Embassy of the Islamic Republic of Iran- Tokyo

Thanks for your kind attention

If you have any questions about IRAN Automobile Industry please contact following:

Automobile Industry Consultant

Tell: +81(0)561-65-5385

E-mail: zandi@japtec.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Fields marked with * are required